骨盤の矯正方法

骨盤ブロックを使用しています。
右短下肢(右足が短い・右骨盤が後傾)なので、
左の上前腸骨棘と右の大腿骨大転子の辺りに
ブロックを挿入します。
ブロック挿入後は若干右足の方が長く見えます。
矯正の圧は自重。

ホームページ:http://www.geocities.jp/pchan4444/
ブログ:http://pchanchiro.seesaa.net/

関連記事

ページ上部へ戻る